ダスキンのエアコンクリーニングをやってみた話

f:id:fujikzy:20170423132951p:plain

エアコンクリーニングどうしていますか?

エアコンの手入れといえば、エアコンカバーを外した時に装着されているフィルターを定期的に洗うようにしてい人は多いのではないでしょうか

私は今までフィルター掃除のみを行って満足していたのですが、テレビでエアコン内部を洗浄するエアコンクリーニングが紹介されており、その中で洗浄中に流れ落ちていく黒い液を見てしまい、エアコン内部が意外に汚れているんだということをその時に知りました

 ダスキンのエアコンクリーニング

テレビの中でもエアコンクリーニングは業者にお願いするのが良いということで、エアコンクリーニングで25年以上の歴史があるダスキンにお願いすることにしました

ダスキンのクリーニング内容は大きく以下の3つ

専用薬剤を利用した高圧洗浄

パーツの拭き上げ

抗菌コート(オプション2000円)

カビやほこりを取り除くことにより臭いの消臭や熱交換比率UPの効果があるようです

f:id:fujikzy:20170423144943p:plain

作業時間は約1時間

作業の流れはこちらの動画をみて頂くのが分かりやすいです

 

実際にうちでやって頂いた様子がこちらの写真

f:id:fujikzy:20170423145252j:plain

準備の際にカバーをかけてくれるので部屋が汚れる心配はありません

高圧洗浄ということで、イメージではもの凄い勢いで噴射されるのかなと思っていたのですが、動画でも紹介されているように実際は霧スプレーのような感じだったので本当に汚れが落ちているのかとても心配になりました

ただ、排水を見てみるとテレビで紹介されていた時と同じように黒い液がたまっていたので、洗浄の効果ははっきりと分かりました

洗浄中はモーターの駆動音がするものの騒音レベルに感じるほどではありませんでした

準備を始めてから作業が終わるまで1時間程度だったかと思います

業者にお願いするか個人でやるか

今回はオプションの抗菌コート付きで税込み15120円のクリーニングを申し込みました

最近ではエアコン洗浄用スプレーなども販売されており、業者にお願いしなくても洗浄は可能ですが、エアコンの知識がない方にはあまりオススメしません

1つは洗浄中は液が流れ落ちてくるのでカバーや排水受けの準備が手間であること

また、家電製品なのでエアコンの内部構造に詳しくないと洗浄していけない部分を間違って洗浄してしまった時に故障につながってしまう危険があります

クリーニング代自体は決して安くはないですが、安くすませるつもりが結局は修理代がかかってしまうことを考えると始めからハウスクリーニング業者にお任せするのが1番だと思います

f:id:fujikzy:20170423154434p:plain

申し込みはいつするべきか

クリーニングは冷房や暖房を利用しない春や秋に行うことをオススメします

自分は冷房を使っていた夏にやってもらったのですが、当然クリーニング中は冷房が使えないので業者の方に暑い中やって頂き少し申し訳なかったです。。

ダスキンの場合はネットで「無料お見積り」申し込み後に電話がかかってくるまで数日、そこから実際にクリーニングを行って頂いたのが2週間後だったので、予約状況なども考えるとクリーニングをやってもらいたい1ヶ月前から申し込みをしておくと余裕があると思います

エアコンフィルターの利用

クリーニング後、エアコン内部にほこりをためないように吸気部分に貼り付けるシートを購入しました

シートを貼り付けてから1年近く経ってもエアコン内部のフィルターにほこりが全く付着しなくなったので、シートが1000円以内ということを考えるととてもコスパのいい商品だと思います

エアコンよっては吸気部分が前面にあったり上面にあったりと構造が違うので、エアコンのタイプに合ったシートを選ぶ必要があります