超小型Bluetoothイヤホン「Beat-in」はバッテリーのデザインと設計も素晴らしい

f:id:fujikzy:20170423214126p:plain

有線イヤホンからのワイヤレスイヤホンへ

今回は超小型のBluetoothイヤホン「Beat-in」のレビューをしたいと思います

私が購入した時点では「dot」という商品名だったのですが、日本向けの販売については「Beat-in」という商品名になっています

「Beat-in」の魅力はこちらの動画を見て頂くのが一番です
(英語ですが映像だけでも十分にデザインの良さが伝わります)

バッテリーの設計が秀逸

イヤホンがあまりにも小さいので失くした時のことを考えて2個購入しました笑

 

f:id:fujikzy:20170423214335j:plain

色は白と黒の2色展開で両方の色をそれぞれ購入しました

 

f:id:fujikzy:20170423214417j:plain

梱包内容は
・イヤホン本体
・バッテリー
・イヤーピース(サイズ:L・M・S)
・取扱説明書
・micro-USB

 

f:id:fujikzy:20170423214510j:plain

イヤホンはシンプルな円柱タイプのデザインになっており、Bluetoothイヤホンによく見られる出っ張りなどがないため、耳につけても全く目立ちません

さらに!

この「Beat-in」のアピールポイントはイヤホンが超小型であることだけではなくバッテリーのデザイン・設計が秀逸なところにあります

 

f:id:fujikzy:20170423214434j:plain

バッテリーはリップスティックのような見た目でバッテリーぽさを全く感じません

充電したい時は左右のイヤホンをバッテリーの両端に付けるだけで、マグネット式なのでカチッとはまります

充電中はランプが赤色に点灯して充電が完了するとランプが消える仕様です

 

f:id:fujikzy:20170423214501j:plain

バッテリーに給電を行いたい時はバッテリーを分割します

片方にmicro-USBの口があるので、そこから給電を行います

micro-USB差込口にあるランプが赤色に点灯し、充電が完了すると青色に変わります

 

f:id:fujikzy:20170423214451j:plain

分割した時に余るもう片方の部分を再度一体化させることができます

さらに!

イヤホン本体も給電中に一体化させることができるので、パーツがバラバラになることがなく、紛失の心配もありません (片方は差込口と反対、もう片方はバッテリーの中)

 

再生時間と充電時間

パッケージには音楽再生時間が2.5~3時間と記載がありますが、実際には1時間程度です

バッテリーの給電は30分程度で1度バッテリーを満給電すれば3回は充電可能でした

dotの購入方法

私が購入した時は海外のサイトからしか購入できなかったのですが現在では日本のAmazonから購入することができます

色も4色展開になっているようです

Bluetoothイヤホンの普及

最近ではBluetoothイヤホンの種類が増えてきました

今回紹介した超小型タイプのものだとEARINやERATOも有名です

他にも同じBluetoothイヤホンで有名なものとしてはAppleのAir Podsがあります

私はAppleの製品が大好きで主要製品はほぼ持っています

ただ、今回のデザインだけはどうしても受け付けませんでした。。

f:id:fujikzy:20170423205320p:plain

さいごに

今まで外出時に音楽を聴く時は有線のイヤホンを使っていましたが、Bluetoothイヤホンを使い始めて、その快適さから有線イヤホンには戻れなくなってしまったので、ワイヤレスイヤホンはとにかくオススメです

今回の紹介記事が読んで下さった方の参考情報になれば嬉しい限りです